SEOとは何か?街に情報屋はいないのか?

投稿日: カテゴリー: SEO(検索エンジン最適化)ブログ技術

たとえば、街に一人のおじさんがいたとして、情報屋と呼ばれていたとします。
このおじさんに聞けばだいたい街のことはなんでもわかるという情報屋のおじさんです。

美味しい焼き鳥が食べたい。とか、ゆっくりくつろいで熱帯魚を眺めたりできるカフェに行きたいというような質問を持ち込むとピタリと「ここに行くと良いよ。」ということを教えてくれるのです。めっちゃ便利。

情報屋のおじさんがなぜそんなに街のことに詳しいかというと、毎日せっせと街を歩き、あの路地この路地。くまなく歩き回って新しい店を見つけたらメモしたりして毎日街の情報を集めているわけです。

そしてこのおじさんは、質問をしてきた人に何か情報を教えたとしても対価を求めません。無料です。
「三宮から大阪に帰らないと行けないんだけど、最終電車は何時?」というような質問にも「JRなら12時35分だ。急げ。」という感じでもう0.3秒で教えてくれる。何回聞いても無料です。
でもこのおじさんはただの親切なおじさんではありません。

ではこの情報屋のおじさんは、なんのためにこのようなことをしているのか。このおじさんはどこから利益を得ているのかというと、実はいろんなお店の人がおじさんにお店の宣伝をお願いしに来るのです。

例えばある夜、新しくできた焼肉屋さんのオーナーがやってきて情報屋のおじいさんに言います。
「このたび、元町のトアロードで焼肉屋さんを開きました。情報屋さん。もし元町界隈で焼肉屋さんを探している人がいたら私の店を紹介していただけませんか?情報屋さんの紹介でお客さんにきてもらったら、これだけの謝礼をお支払いします。」
そうすると情報屋さんは静かに深く頷くわけです。

そうして、夜になって元気な会社員のグループが「焼肉食べたいんだけど!」とやってきた時に、「うん。それならトアロードに新しい焼肉屋ができたので、ここに行ってみてはどうかな。」と紹介するわけです。こうして会社員は焼肉を食べれるし、焼肉屋さんはお客さんに来てもらえるし、情報屋さんは焼肉屋さんからの謝礼をもらえるということで三方丸く収まってめでたしめでたし、という話です。

この情報屋さんというのが、インターネットでいう所の検索サービスということになります。Googleです。
昔はたくさんの検索サービス(情報屋さん)がいたのですが、ほぼGoogleだけになってしまいました。おそらくGoogleの検索技術があまりにも優秀すぎて他の人たちが「あいつにはかなわねえ」と言う感じでやめてしまったからです。

SEO。検索エンジン最適化というのはどういうものなのか。ということを知るためにはまず検索サービスとは何かということを知る必要があります。

情報屋さんに求められるものは何か。
街のことを熟知していること。新しい情報を日々仕入れていること。どんなことを聞いても素早く的確に返事を返してくれること。
これらが情報屋さんに求められることで、検索サービスに求められているものも基本的には同じものです。

ではSEO、検索エンジン最適化とはなんなのか。
これは誤解をおそれずに言うと「いかに情報屋さんに好かれるか」ということだと思います。

情報屋さんが街の情報を集めるために毎日歩き回っていますので、当然あなたの店にもふらりと顔を出すことになります。
おじさんがやって来て「おたくはどんな店かね?」と聞かれた時に、「焼肉屋です」と答えたとしても情報屋さんは「そうかい。」とだけ言って、深夜食堂の小林薫みたいな感じでふらっとまた帰って行きます。
でも「焼肉屋です。」という情報だけでは実は情報屋さんは満足していません。

仮に「私の店は特別な神戸牛の専門店です。少しお値段は張りますが、口の中でとろけます。わさびと塩で召し上がっていただく神牛スペシャルが極めつきです。」と情報屋さんに伝えたとします。
情報屋さんは「そうかい。」と言って帰っていくわけですが、さっきよりちょっと嬉しい感じなのです。

なぜなら、その日の夜に「情報屋さん。おいしい肉が食べたいんだ。」という質問を持ってやって来た人に「あるよ。ぴったりな店が。」と答えることができるからです。

情報屋さんは質問にぴったりの答えを返すことで競争を生き残ってきたので、詳しい情報を何よりも必要としています。

長い長い例え話になってしまいましたが、SEO対策のためにするべきことは、情報を正直に、できるだけ詳しくホームページなどに提示することです。
情報屋はウソを嫌います。情報屋にとって正しい情報というものは生命線であるからです。
そして、自社の特徴、サービスの特徴を伝えることです。他の会社との違い、他の店との違い。強み弱みをありのままに提示することです。
そのためにまず、自社のこと、自分のことを知るということが必要になります。

SEOとは何か?と言う質問はあまりにも漠然としていていろいろな答えばありそうですが、SEOの入り口は「自社のこと。自社のサービスのことをじっくり考える」と言うことから始まると思います。

ーーー

街にそういう情報屋さんがいるとおもしろいですね。
三宮にもいるのかもしれないですね。