SEOとは何か?街に情報屋はいないのか?

投稿日: カテゴリー: ブログ

たとえば、街に一人のおじさんがいたとして、情報屋と呼ばれていたとします。 このおじさんに聞けばだいたい街のことはなんでもわかるという情報屋のおじさんです。 美味しい焼き鳥が食べたい。とか、ゆっくりくつろいで熱帯魚を眺めたりできるカフェに行きたいというような質問を持ち込むとピタリと「ここに行くと良いよ。」ということを教えてくれるのです。めっちゃ便利。 情報屋のおじさんがなぜそんなに街のことに詳しいか […]

ホームページの表示速度に関して

投稿日: カテゴリー: ブログ

Google(インターネット検索の技術を開発している会社)がこの度「スピードアップデート」と呼ばれる、検索プログラムの改修を行いました。 これによって、表示されるのに時間のかかるホームページの検索順位の評価が下がることになりました。 Googleという会社は、良いホテルなんかと同じで、インターネット検索サービスを使う人に「快適さ」を提供することで、リピーターを獲得しているという会社なのですが、表示 […]

ホームページ制作会社としてのカーネルスミスについて

投稿日: カテゴリー: ブログ

ここ神戸にも、ホームページ制作会社はたくさんあります。 尼崎や大阪などには、もっともっとたくさんのホームページ制作会社があって、おそろしいことにそれはこうしている間にも増え続けているのです。 そんなたくさんの制作会社から、どうやってカーネルスミスを選んで貰えば良いのか。 じっくり考えてみました。 知ってもらえなければ選んでもらえるわけがない。 まず第一歩は、私たちの存在を知ってもらう必要があります […]

スマートフォンと文字情報

投稿日: カテゴリー: ブログ

スマホの登場以来、インターネットはいつでもどこでも情報を収集できるツールになりました。 通勤途中の電車の中でも、お昼休みの給湯室でも。お子さんが公園で遊んでいるのを見守るベンチででも、僕たちはスマホをひょいと取り出して情報テキストを目から収集することができます。 あまりにも簡単に情報を摂取できるようになってしまって、誰もが多少そこに依存してしまうような生活習慣ができあがってしまった中で、僕たちは文 […]

マーケティングと釣りの話

投稿日: カテゴリー: ブログ

ある人がとても美味しい茄子を作ったとします。 大きさも程よく、漫画のようにツルツルしていて煮てよし、焼いてよし。 一度この茄子を食べてしまうとそこらのスーパーマーケットで売られているお茄子などばかばかしくって二度と食べられなくなってしまうという上出来のお茄子だとします。 茄子を作ったある人は、「よしよし。よくできた。さあ、このお茄子をインターネットで宣伝して売りまくろう。」と思いました。 それでお […]

鬼軍曹

投稿日: カテゴリー: ブログ

よくお客さんには「ブログは続けることが大切です。がんばって続けましょうね。」という話をさせていただいています。 情報量を増やすことは、SEO的にも意味があることです。無理のない頻度で、着実に続けることが大切です。 そう言ってさもできる人風に、ブログなど毎日更新していますと言う顔をしながら翻って見てみますと、この記事は実に9ヶ月ぶりの更新になります。 言うは易し 行うは難し 秋の空。 必要性を頭では […]

人工知能について

投稿日: カテゴリー: ブログ

2ヶ月もブログの更新を怠っていました。 やる気あんのかって話です。 気を取り直して、今日からまたどんどん書いていこうと思います。 僕もエンジニアの端くれであるからには、ここでは技術の話をするべきでしょう。 次から次へと新しい技術やサービスが生まれては消えていく現代社会においては、最新のテクノロジーに対する好奇心というものが、この業界で生き抜いていくために必須の装備となります。おそらくこの業界をたの […]

口コミの強いこと

投稿日: カテゴリー: ブログ

商売をしようという時に、たくさんの人に知ってもらわないといけないというのはおそらく江戸時代とか、もっと昔の室町時代とかもしかしたら縄文・弥生の時代から知られていたのかもしれません。 あの人の作る矢じりは絶品でイノシシのお尻とかにいったん刺さるとあっという間にイノシシも大人しくなって狩りもすごい楽とか、狩猟採集の時代からきっと口コミというのはあったのだろうと思います。 マーケティングの歴史は口コミか […]

代表ブログ

投稿日: カテゴリー: ブログ

SEOの対策には、サイトのテキストボリュームは必須です。 どんなにわかりやすく図解されていても、画像だけのページではおそらく順位は上がらないのではないかと思いますし、300文字の原稿を不要な部分をカットして整理してわかりやすく100文字にまとめるよりも、わかりにくい300文字の方が検索エンジンは高く評価してくれるのではないかと思います。 おそらく、検索エンジンの読解力はそこまで高くないからです。 […]